興信所 過去 どこまでわかる

浮気調査をはじめ身元調査や結婚前調査、素行調査などを行ってくれる探偵会社や興信所。
どちらに依頼すべきか悩む方もいるかもしれませんね。

探偵会社と興信所の違いは、昔はあったのですが、今はほぼ違いがありません。

かつての興信所は、主に企業に対する信用調査を行う会社で、身分を明かしたうえで資産状況や経営実態を調査していました。
探偵は逆に、基本的に身分を明かさずに対象人物の調査活動を行っていました。

現在は業務形態に大きな違いはないので、どちらに調査をお願いしても同じと思って良いです。

今回は興信所や探偵会社ではどんな調査をして、どこまで調査できるのか、ということを紹介します。

興信所で過去はどこまでわかる?探偵会社ができる調査範囲/探偵業法とは?

探偵 調査範囲

探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要(警視庁)

探偵会社や興信所は、探偵業法という法律の元、営むことができます。
許可なく勝手に探偵業を営むことはできません。

探偵業法によると、

  • 聞き込み
  • 尾行
  • 張り込み

その他これらに類する方法で実地調査を行い、その結果を報告する業務が探偵業務と定義づけられています。

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要

調査方法はかなりシンプルに見えますが、そのノウハウやテクニックは無数にあると言ってよいでしょう。
実際に素人がやってみるとかなり難しいのです。
独自の経験や技術がないとできない、地道な調査なのです。

それぞれの特徴をみてみましょう。

探偵会社ができる調査範囲1.聞き込み

聞き込みは、調査対象者の周辺の関わりのある人物に話を聞き、調査対象者に関する知りたい情報を聞き出す手法です。
調査対象者の直接の知り合いだけでなく、近隣住民だったり、行きつけのお店の人などに話を聞く場合もあります。

単に話を聞きだすわけではありません。

誰だかわからない相手に急に話しかけられて、調査対象者の情報を易々と話すのかというと、なかなか簡単にはいかないでしょう。
話かけるだけで警戒されてしまいますよね。

それに、いきなり調査対象者の名前を出して話をすると、聞き込みをされた人から調査対象者に連絡が行ってしまうかもしれません。

なので探偵は、いきなり聞き込みをせず、事前調査をして聞き込み対象者を絞り、聞き込み対象者との関係を先に構築してから聞き込みます。
時には何度も足を運んで顔見知りになったりして、話す時も、相手に警戒心を抱かせないための話術を心得ています。

場合によっては架空の人物になりすましたりすることもあります。
そのためには、単に見た目だけでなく、工事業者や不動産業者など、なりすましたキャラクターに関する基礎知識も踏まえますし、状況設定をして聞き込みます。

探偵はこのように、怪しまれないように聞きだす技術を身につけているのです。

ただし、警察官や、実在する団体等を偽っての調査は違法になりますので、そのような法に触れたり、相手に迷惑になるようなやり方は行いません。

素人が場当たり的に調査するのとは違って、探偵は長年の経験とテクニックを駆使して調査します。

探偵会社ができる調査範囲2.尾行

尾行は、調査対象者を追跡し、行動パターンやよく立ち寄る場所、誰と会ったのかなどを記録する方法です。
何かあれば、写真や動画を撮影して、証拠として使える資料を集めます。
たとえ真っ暗な公園などでも、ハッキリと顔が写った証拠写真を撮ることも可能です。

しかし、実際に素人でやってみるとわかると思いますが、尾行はかなり難しいです。
調査対象者にどれくらいの距離を保てばバレないのか、なかなかわからないですよね。

探偵は、一人で尾行をするとは限りません。
組織的に尾行しますし、さらに服装を変えたりなど、バレないように工夫をしながら追跡します。

さらに、移動手段は徒歩だけではありません。
タクシーやバス、バイクに乗ったり、誰かが迎えに来たりする可能性もあります。
そんなときのために、尾行に使う車両やバイクなどを用意している探偵会社もあります。

ここまで移動手段や人材を揃えての調査は、素人にはできません。

探偵会社ができる調査範囲3.張り込み

張り込みは、調査対象者が建物の内部など、特定の場所から動かない時に、出てくるのを見逃さずに待機する方法です。
その間に、張り込みをしているのがバレてもいけません。
そして、地味な張り込み中でも突然、決定的な証拠を見せる能性があるので、そういう場面を絶対に見逃してはいけない、耐久力のいる仕事です。

証拠を残す時も、場面に適した機材を使いこなしたりしながら、バレないように撮影するテクニックも必要です。
素人だと、なかなか決定的な証拠を撮れないばかりか、浮気現場に直面すると感情が高ぶってしまったり、焦って証拠をおさえられないことの方が多いでしょう。

また、意識すべきは調査対象者だけではありません。
近隣の住民に怪しまれたり、迷惑をかけるようなことがあってはいけませんので配慮が必要です。

ちなみに、よく、「探偵の尾行や張り込みはストーカー行為ではないのか?」という声もありますが、探偵の尾行や張り込みは、探偵業法の定義に基づいていることであり、ストーカー規制法のストーカーの定義に該当しないため、ストーカー行為にはあたりません。

ストーカー行為の定義は、恋愛感情その他の好意の感情が満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足するために、つきまといなどを行う行為とされています。
探偵は好意ではなく、仕事で尾行しているので、ストーカーには当たらないのです。

探偵業の欠落事由(探偵業を営むことができない)とは?

探偵業法には、欠落事由についても定義されています。
欠落事由にあてはまるものは、探偵業を営んではならないという取り決めです。

このようになっています。

  1. 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、又は探偵業法の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  3. 最近5年間に営業停止命令・営業廃止命令に違反した者
  4. 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  5. 心身の故障により探偵業務を適正に行うことができない者として内閣府令で定めるもの
  6. 営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者でその法定代理人が1から5又は7のいずれかに該当するもの
  7. 法人でその役員のうちに1から5までのいずれかに該当する者があるもの

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要

これは、悪質な探偵業者を排除するために設けられたものです。
過去に法律に反する何らかのことをしていると、探偵業を行うことはできません。

特に、探偵は秘密事項を扱うことが多いので、悪質な業者だと暴力団に関係に繋がりかねませんが、探偵業法では、そのあたりは厳しめに設定されています。

探偵業の届出制とは?

探偵業を行うには、都道府県公安委員会への届け出が必要です。
届出書には、依頼者から、調査結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他違法な行為のために用いない旨を示す内容になっています。
届け出た探偵業者は、探偵業届出証明書を交付してもらえます。

探偵業を行うには、そのような書類の交付が義務化されているのです。
そしてその証明書を、営業所の見やすいところに掲示しなければなりません。

これは、探偵業の業務の適正化のためにおこなっているものなので、営業開始前日までに届け出なければなりません。
そして、営業所が複数ある場合は営業所ごとに必要です。

申請中でまだ手元に届いていない、という状態で営業はできないのです。
無届けで探偵業を行うと探偵業法違反となります。

違反していると、欠落事由に当てはまるので、営業することはできません。
それでもしているとしたら、悪質業者です。

もしあなたが探偵に調査を依頼する場合は、まずその探偵会社にこの証明書があるかどうかを確認しておきましょう。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【職歴・学歴】

職歴・学歴

探偵会社は相手の職歴や学歴を調査することができる

マッチングアプリなどで出会った相手には、共通する知人・友人がいないですよね。
なので、職歴や学歴を偽装していてもわかりません。
職歴や学歴を条件に相手を探している人にとっては、経歴詐称は一大事でしょう。

もちろん、それを防ぐために本人確認や証明書の提出を義務付けているマッチングアプリもあるのですが、そうでないところもあるので、その時は相手を信じるしかありません。

また、結婚前に婚約者の経歴が本当かどうか、念のために確認したいというケースで依頼(結婚前調査)してくる場合があります。
企業が採用したい応募者の経歴が本物かどうか確認するために調査を依頼してくるケースもあります。

そのような場合は、探偵会社に依頼すると、職歴や学歴などが本当かどうか調査してもらうことができます。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【婚姻歴・異性関係】

婚姻暦・異性関係

探偵会社は相手の婚姻歴や異性関係を調査することができる

マッチングアプリで出会った人と結婚を考えているのに、過去のことを話したがらない・・・
そんな時、何かあるのでは?と思ってしまいますよね。

そんな時は、探偵に頼めば、相手の婚姻暦や異性関係などを調べることができます。

初婚だと言っていたのに、実はバツイチだったり・・・

でもまだ、離婚歴があるだけならまだ良いかもしれません。

それよりも、既婚者だったとか、離婚調停中であるとかだと、そうなると面倒な可能性がありますよね。
さらには、子供がいて養育費を払っているとなると、後でトラブルになるリスクがあります。

また、未婚者であっても結婚前からすでに浮気をしていた、という場合もあります。
今はよくても、過去に浮気をしていなかったか?という浮気癖や、妊娠させていたことはないか?といったことがわかる場合もあります。

気にしだしたらキリがないですが、これから生涯を共にするわけですから、マッチングアプリのような共通の知人がいない場での出会いこそ、念には念を入れたいところです。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【人柄・評判】

人柄・評判

探偵会社は相手の人柄や評判を調査することができる

探偵会社の身辺調査では、対象者の経歴など、はっきりとした回答のできるわかりやすいものだけでなく、口コミや評判などの周りからの評価も調査することができます。
交友関係を洗い出し、聞き込みなどを行って、嗜好や性癖も細かく調査しますから、そこから調査対象者の人柄も見えてきます。

特に、マッチングアプリや結婚相談所で出会った人は、本人としか接点がないので、周りの友人とどのような関係性をもち、どのように評価されているのかはわかりません。
結婚した後に受け入れられない性質が見つかると、後で面倒になります。

なので、結婚後に困らないためにも、念のために調査しておく、というケースもよくあるので、探偵会社では結婚前調査というサービスを用意しているのです。

興信所では調査できない過去とは?【借金などの信用情報】

借金・信用情報

探偵会社は相手の信用情報を調査することはできない

探偵会社では、結婚前の身辺調査を行ってもらうことができます。
学歴や異性関係などは上で紹介しましたが、もう一つ気になるのは、お金周りではないでしょうか?

婚約者が消費者金融を利用していたり、借金トラブルをかかえていたり、またはギャンブル癖があるとなると、結婚を考え直す人もいると思います。

探偵会社ではそのあたりの浪費癖の有無は調査できますが、お金周りのことで調査できないことがあります。

それは、金融資産の残高や信用情報に関わることです。
借金の有無までは調査できますが、具体的な残高までいくと調査できません。
逆に借金ではなく、財産がどれくらいあるかも調べることはできません。

なぜなら、金融機関のデータは個人情報保護法により本人にしか見られないものなので、そこにアクセスするには違法なやり方しか存在しません。
なので、相手の職業的な立場や住んでいる場所、所有している車などから推察するしかありません。

借金の残高まで調査するようなことを謳っている探偵会社は、違法なやり方で調査を進める可能性があります。

違法な調査を行っていることがバレた時には、探偵会社だけでなく、依頼主も罪に問われますのでご注意ください。

興信所では調査できない過去とは?【犯罪歴・逮捕歴】

犯罪歴・逮捕歴

探偵会社は相手の犯罪歴・逮捕歴を調査することはできない

探偵が調査できないことの一つに、調査対象の犯罪歴や逮捕歴があります。
なぜならそのデータベースは警察の管轄になっていて、機密情報として守られているからです。

探偵はそのデータベースにアクセスする権利は持っていません。
もしそれらを調べるとなると、不正アクセスなど違法な手段しかありません。

なので直接犯罪歴や逮捕歴を知ることはできないですが、調査対象者の交友関係などは素行調査でわかることなので、その結果で判断すると良いでしょう。

仮に、犯罪歴や逮捕歴を調べることができると謳っている探偵会社があれば、違法なやり方で捜査する可能性があります。
違法とわかると、探偵だけでなく依頼者も罪に問われるのでご注意ください。

興信所では調査できない過去とは?【差別に繋がる恐れがあること(特定地域の出身など)】

差別・特定出身地

探偵会社は相手が特定地域の出身者であることを調査することはできない

探偵は、調査対象者の出身地や出生地などは調査できないことになっています。
もちろん、探偵の調査力をもってすれば調べることは簡単でしょう。
それでも調査できない理由は、差別につながる情報になりえるからです。

どういうことかというと、かつて、対象者が部落差別の出身者かどうかを、結婚前調査や入社前の身辺調査で横行していたからです。
そして、部落差別調査を専門的に引き受けていた探偵会社が検挙されたことがあって、出身地・出生地の調査は行われなくなりました。

なので、探偵が調査の過程で対象者の出身地を知ったとしても、依頼者には伝えないでしょう。

ただしこれは、法律で規制されているものではなく、探偵会社が自主的に行っているものです。
差別的なことに使用しないことが説明できれば、調査してくれる場合もあります。

興信所で相手の過去はどこまでわかる?よくある質問

Q&A

恋人の身元調査の相場はどのくらいですか?

※300文字以上

身元調査を引き受けてもらえないケースはどのようなものがありますか?

探偵業法の第六条に、

「違法行為や、人々の平穏な生活や権利を侵害するような行為をしてはならない」

という取り決めがあります。
なので、

  • 出身地や宗教、部落問題など差別につながるような調査
  • ストーカーやDVに加担するような調査
  • 借金の残高調査
  • 別れさせや復縁、特定の人物を陥れるなどの工作

などは引き受けてもらえないでしょう。

また、違法となるようなやり方での依頼は引き受けることはできません。
調査期間中にその懸念があった場合は、調査を中止することもあります。

あくまで合法的に調査を行うとりきめが、探偵業法です。
これを守っていないと、探偵としての活動ができなくなるので、探偵は必ず守ります。

もし、守らずに別れさせ屋や借金の残高調査などを行っている探偵は、悪徳な探偵会社である可能性があります。
依頼すると法外な料金を請求されたり、証拠にならない証拠を提出されたりなど、リスクが考えられるので、注意が必要です。

探偵に身元調査をしていることがバレるリスクはありませんか?

探偵は、調査対象者にバレないように調査するスキルに長けていて、テクニックも豊富にあります。
警戒心を与えないよう、さりげなく相手に近づくこともできるのです。

バレるとしたらスキルが低い新人の探偵や、1人で調査する探偵事務所などでしょう。
しかし、経験と実績もある探偵なら、バレる可能性はほぼゼロに近いと思って良いです。

それよりも、依頼主が感情的になってばらしてしまうことが多いのです。
特に、探偵から途中報告を聞いた後は要注意です。
内容を知ってしまうと、つい不満を口に出してしまうのです。

また、探偵に支払う料金は、内容やどれくらい時間をかけて調査したかによりますが、高額になります。
そのお金の動きを発見されると不振に思われ、バレる場合があります。

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

GPSアプリを使うこと自体は、法律で禁止されていません。
よく、盗難・紛失防止目的だったり、子供や高齢者の見守りに使われていますよね。

しかし、浮気調査が目的で、相手のスマホに無断でGPSアプリを仕掛けることは、ストーカー規制法に引っかかってしまうおそれがあります。
それがたとえ夫婦の間柄であってもです。

なぜなら、浮気調査が目的の時は、多くの場合、相手の了承を得ず、バレないようにインストールするであろうからです。

使っても問題ないのは、あくまで相手の同意を得た場合です。
なので、GPSアプリを使うことが違法なのではなく、相手の同意を得ずにインストールしたり、同意を得ずに位置情報を取得することに問題があるのです。

関連ページ:【浮気調査・GPSアプリ】スマホで使えるGPS追跡アプリは?携帯監視アプリ

LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

LINE監視アプリは、子供がどのようにスマホを使っているのか、親の立場から見守るために開発されています。
LINEのみを監視するのではなく、スマホ自体の使い方、データのやりとりを監視できるわけです。

それを応用すれば、技術的には浮気調査に使うことができます。
しかし、技術的にできるからといって実際にやってしまうと、法的に違法になってしまう可能性があります。

なぜなら、浮気調査に使う場合、無断で相手のスマホにインストールするであろうからです。
そうなると、「不正指令電磁的記録供用罪」や、「不正アクセス禁止法違反罪」に問われるおそれがあります。

それは、たとえ夫婦であっても適用される可能性があるので、注意しましょう。

関連ページ:【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

彼氏の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

アプリで浮気の証拠をつかむのはなかなか難しいです。
浮気調査をする場合、相手に無断でインストールすることになると思います。
彼氏の立場を考えると、自分に身に覚えのないアプリがあったら不振に思い、調べますよね。
そうやってバレてしまうパターンが多いのです。

それに、相手の同意なくインストールするのは、そもそも違法になります。
訴えられると、たとえ相手が浮気をしていたとしても、違法な調査をした方が負ける可能性大です。

それを考えると、相手が同意の上でインストールしてもらえるアプリが必要です。

おすすめは「PASS」というGPSアプリです。

街歩きを楽しむためのアプリで、お互いの位置情報を知ることができ、地図上でチャットをすることもできます。
これだけで浮気の証拠にはならないかもしれませんが、何らかのヒントには使えると思います。

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

彼氏が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

GPSで得られるものは、リアルタイムの位置情報やその履歴だけです。
残念ながら、それを証拠とするには、非常に弱いです。

たとえ彼氏の車がラブホテルに停まっていたとしても、証拠にはなりません。
なぜなら、本当に彼氏が車を運転していたのかわからないからです。
友だちに貸していたかもしれませんよね。
それに、乗せていた相手が誰なのかもわかりません。

なので、疑わしくても証拠能力は低いのです。

そしてそもそも、車にGPSを仕掛けることは、ストーカー規制法違反となります。
これはたとえ夫婦であっても適用されます。

なので、彼氏に仕掛けるとなると、訴えられた場合は負けてしまう可能性があります。
違法なやり方で得た情報は、裁判では証拠として認められないのでご注意ください。

関連ページ:【彼氏の浮気チェック】彼氏の浮気を確かめる方法や質問/浮気を見抜く方法

関連ページ:【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

旦那の浮気調査を興信所に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

旦那の浮気調査で過去を知りたいと依頼する理由は、おそらく元カノと再会して浮気しているのかもとか、浮気癖はあるのかとか、そういうことを知りたいのだと思います。

浮気調査で、過去の恋愛関係がどこまでわかるのか、というと、現在に近いほど、付き合いのあった女性を見つけられる可能性は高いです。
しかし、交友関係などの関連性をたどれるのならどこまでも遡れます。

ただし、ナンパして一夜の関係でしかないような女性は、共通する知人がいなかったりする場合があるので、そうなると見つけることはできません。
また、短期間の付き合いでしかなかった女性や、今は連絡先も知らない場合は、たどれない可能性もあります。

それでも、探偵が調査をしていくうちに恋愛の傾向や、浮気癖があるのかどうかは見えてくる場合があります。

興信所の相手の過去はどこまでわかる?まとめ

興信所や探偵会社は、聞き込み、張り込み、尾行のテクニックを駆使して、浮気相手を調査します。
経験豊富で、ノウハウも構築されているので、素人ではできないようなやり方が多いので、素人が個人で浮気調査をするよりも、探偵会社に依頼した方が証拠を集められる可能性がはるかに高いです。

そして、現在浮気しているかどうかだけでなく、過去についても調べることができます。

探偵に依頼する場合は、個々の会社のサービスや値段、能力がどれくらいなのかを調べることも大切ですが、そもそも探偵業法に則って営業しているかどうかをチェックすることがなにより大切です。
探偵会社には悪徳な商売をしているところもありますので、信頼のある探偵会社を選びましょう。

もし探偵が違法な調査をすると、依頼人も一緒に罰せられてしまいますからね。

関連ページ:マッチドットコムの口コミ/マッチングアプリの評判、料金、使い方について