結婚したいのに彼氏がいない

年齢的にタイムリミットが・・・
でも、肝心の彼氏がいない・・・

結婚したいと願う女性はたくさんいます。
特に、アラサーに入った時に焦り始めた人も多いはず。

婚期を逃さないためにはどうしたらよいでしょうか?
この記事では、結婚に向けてどのようなことをしたらよいのか、出会うためのコツを紹介します。

結婚したいのに彼氏がいない!と悩む女性は多い

悩む女性

内閣府による、平成30年度の結婚に関する調査で、

「あなたが今、結婚していない理由を3つまで教えて下さい。」

という項目がありました。

参考:少子化社会対策に関する意識調査(PDF形式)|内閣府
質問対象は、結婚経験がない者のうち、結婚意向がある者、となっています。

その理由として、

「適当な相手にめぐりあわない」(46.8%)

が男女とも最多で、ダントツでした。

「巡り合わない」といっている人は、結婚するつもりのない人とは違って、「相手がいれば結婚したい」ということです。
男女とも相手を探している人は少なくないのに、それでも巡り合わないって、不思議な話ですよね。

そのうち、女性の年代別でみると、

  • 20-29歳:38.6%
  • 30-39歳:61.1%
  • 40-49歳:62.0%

となっています。
20代のうちは少なめ(といっても4割近い)ですが、30代に入ると6割もの人が、巡り合わないから結婚していないと言っているのです。

つまり、結婚したいのに彼氏がいない女性は結構多いのです。

結婚したいのに彼氏がいないのはなぜ?女性本人が考える理由

彼氏がいない理由

彼氏がいないのはなぜ?というド直球な質問。
なかなか答えにくいですよね。
先ほど紹介した調査では、彼氏がいない理由についても調査されていました。

こちらは、何らかの行動を起こした人と、特に何も行動していない人でわけて調査されています。

多い順に紹介します。

理由1.異性とうまくつきあえない

3~4割の方が挙げた理由が「異性とうまくつきあえない」です。

この理由の裏には人によって色々な心理が隠れています。
例えば、

  • 外見に自信がないから相手にされないかも・・・
  • どんな話をしたらよいのかわからない・・・
  • 話しかけられたら意識しすぎて緊張する・・・

など。
色々ありますが、多くの場合はコミュニケーションの経験不足が原因です。
自分に自信がなくてそうなってしまう方が多いのですが、気の利いた事が言えなくて嫌われてしまうのを恐れているのです。

でも、コミュニケーション下手は事実でも、嫌われてしまうというのは思い込みに過ぎません。
それよりも、異性と接するチャンスがあるならどんどん接して、コミュニケーションスキルを磨くことが大切です。
怖がらずに少しでも経験を積みましょう。

あまりにも苦手で会話すること自体にハードルの高さを感じる人は、もっと簡単なところから始めるのもOKです。
たとえば、挨拶をされたら笑顔で挨拶を返したり、相手から聞かれたことだけでも、ちゃんと笑顔で返すなどです。

ポイントは「笑顔」を忘れないことです。

笑顔が苦手な人は、鏡を見て練習しましょう。

理由2.自由さや気楽さを失いたくない

結婚すると、自由を失うと考える人も多いですね。
お金や時間を自分のために、誰にも遠慮することなく使いたいですよね。

その一方で、結婚はしたいという願望を持っています。

この考え方をもったまま、都合よく結婚できることはないでしょう。

表面的なイメージばかりで、相手となる男性と一緒に人生設計をしようと考えていないから、失うことばかり気になるのです。
つまり、自分のことしか考えていないということです。

男性の立場なら、こういう人と付き合ったり、結婚したいとは思いませんよね。
自分を幸せにしてもらうことしか考えていない女性って、男性は選ぶでしょうか?

男性は、付き合ったばかりのころなら幸せにしてあげようと頑張るかもしれませんが、そういう一途な気持ちはいつまでも続きません。

恋愛もそうですが結婚は、お互いが「相手を幸せにしたい」「相手のために〇〇してあげたい」と考えること。
相手が好きなら自然とそう考えることができますし、そう考えられる人がうまくいきます。
お互いがお互いを大切にしているからです。

女性も、女性だからできることで「相手を幸せにする」ことができます。
男性だって、最終的にはそういう人を選ぶんですよ。

確かに、独身時代やっていたことはできなくなるものもあるかもしれません。
その代わり、結婚によって得られる幸せもあるのです。
家族が増えたり、いろいろな経験を分かち合えるのは、SNSのつながりとは比較になりません。

もしあなたが、自由さや気楽さを失いたくない、と考えるなら、その考え方を見直してみることをおすすめします。

理由3.結婚資金が足りない

結婚するのにお金が足りないという理由もよく挙げられています。
それじゃあ、仕方ないよね・・・と言いたくなるところですが、はたして本当にお金が足りないのでしょうか?

ある調査によると、女性の半数以上が、結婚相手に 400 万円以上の年収を希望しているとのこと。
明治安田生活福祉研究所「第9回結婚・出産に関する調査」(2016年3月実施)p11

400万円から600万円に、未婚女性の半数が収まっています。
そして、600万~700万、700万~1000万の年収を希望している未婚女性も、それぞれ1割ずついるようです。

一方で、20~30代の未婚の男性で年収400万円以上の人は、20代で15.2%、30代で37.0%となっていて、女性が求める年収に対してかなりのギャップがあります。

だから「相手が見つからない」となってしまっているんですね。

では既婚者が、最低必要だと思う世帯年収はいくらでしょうか?
それは、200万~500万円に半数が収まっているのです。

つまり、未婚女性が相手に求める最低年収と、既婚女性が最低必要だと思う世帯年収にはかなり開きがあるということです。

これは、結婚資金がどれくらいいるのか、漠然としたイメージで考えている人が多いということですね。

確かに結婚資金は潤沢にあるに越したことはありませんが、式を挙げない結婚をしている人はたくさんいますし、共働きなら世帯年収400万円は夢の金額ではありません。

本当に、お金がないから結婚できないのか、それを諦めの理由にしている人はもう一度考えてみましょう。

理由4.まだ必要性を感じない

まだ結婚の必要性を感じないのは、若い人に多い傾向です。
いずれ結婚はしたいけど、まだ若いからやりたいことをやりたいということですね。

今はそれでよいかもしれません。
でも、将来結婚を考えるなら、彼氏はチャンスがある時に作った方が良いでしょう。

結婚適齢期になったからといって、相手がいなければ結婚はできません。
結婚に至るまでに、愛情や信頼を育んできてこそ、幸せな結婚生活を送れる可能性が高くなるのです。

デキ婚という手もありますが、準備もできないまま無理やり結婚すると、悲惨な将来を送る可能性が高まります。

理由5.仕事(学業)に打ち込みたい

仕事が好きな女性はたくさんいます。
仕事か結婚か迷っている女性もたくさんいるはずです。

将来的には結婚するつもりでも、仕事を理由に彼氏を作って来なかった人の割合も多いようですね。

でも結婚は、どちらかを選んで、どちらかを諦めるものとは限りません。
結婚後も仕事を続けている人はたくさんいます。

最近は、仕事を続けることに理解のある男性が増えてきていますので、事前に話し合ったり、そういう男性を探すとよいですね。

とはいえ、付き合う前にそういうことを聞くのは難しいかもしれません。
でも、マッチングアプリや結婚情報サービスで出会いを探すなら、それを条件提示できることが多いので、理解ある男性に出会える確率が高まります。

結婚したいのに彼氏がいない本当の原因

彼氏ができない原因

上で紹介した「結婚したいのに彼氏がいない理由」は、本人が自覚していること、考えていることですが、本人が考えてもいないところに原因がある場合もあります。

彼氏を作るための行動をしていない

「結婚したい」
「彼氏欲しい」

と言いながらも、何にも行動していない人。
結構いますよね。

こういうことは、男性からアプローチするもの、と考えている人もいるかもしれませんが、何もしなくてもモテモテな人は、ほんの一握りしかいないのです。

行動しなければ、彼氏も結婚もありません。
彼氏が欲しいなら、彼氏ができるような行動をしましょう。

「行動」といっているのは、自分からどんどんアプローチしていきなさい、ということではありません。

とりあえず合コンや街コンなどの出会いの場に行ってみるのも行動の一つですし、メイクやヘアケア、ボディケアなど、自分磨きも行動の一つです。
まずはそういうことを組み合わせて、自分からアプローチが必要ならアプローチすればよいのです。

とにかく出会える確率を増やさないと、仕事場との往復だけでは何も始まりません。

高望みしている

あなたは、彼氏や夫にしたい男性にどんな条件を求めていますか?

相手に求める条件が、多ければ多いほど、あなたのお目にかなう男性は少なくなります。

以前、「普通のダンナがなぜ見つからない」という本が話題になりました。

「普通の人でいい」と、物分かりの良さそうな女性はたくさんいるのですが、その「普通」が厄介なのです。
普通と考える条件は、1つ増やすだけでかなりの人が候補から外れます。

先ほど相手に求める年収は400万くらい、というのがありましたが、それだけでもかなりの人が候補から減ります。

最近は男性でも料理をする人が増えましたが、「一緒に料理を作ってくれる人」を条件に追加すれば、またまた候補が減るのも想像できますよね。

みんな普通の人を求めているはずなのに、普通のダンナが見つからないのは、そんなカラクリがあるからなのです。

相手に条件を付けること自体が高望みになってしまうのです。

相手に条件を求めるだけでなく、相手の人間性も見てみましょう。
それだけで、相手が条件から多少外れていても、「ま、いいか」と許せることが多くなりますよ。

彼氏のいない女性友達とばかり仲良くしている

彼氏のいない女性友達と一緒に過ごすのは、居心地がよく、安心感がありますよね。
いつまでも一人じゃないような、いつまでも楽しく過ごせるような、そんな気さえしてきます。
気も使わなくて楽でしょう。

でも、そんな友達もいつの間にか彼氏を作って、結婚していく、というパターンは良くあることです。
気がついたら自分だけ一人になっていることもあるのです。

逆に、絶対に彼氏が出来そうにない女友達ならどうでしょうか?
もしあなたが、彼氏を作りたい、結婚したい、と思うのなら、そういう女性でもほどほどに付き合った方が良いでしょう。

なぜなら、一緒に居過ぎると、彼氏ができない習慣を育んでしまうからです。
気を遣わなくて楽なのですが、お互いがダメになってしまいます。

一人の時間が好き

恋愛や結婚はしたいけど、一人の時間が好きな方もいます。
彼氏ができても、自分の時間を大切にし過ぎてすぐに分かれてしまう女性・・・

そんな風に普段は一人でも楽しめるタイプだけど、常に一人でいたいわけではありません。

孤独はイヤなので、結婚を望んでいるのです。

自分の時間を大事にしつつ、たまに一緒にいてくれるパートナーも欲しいという、なかなかわがままな考え方なので、彼氏がいる状態が続きません。

でも、同じようなタイプのパートナーなら折り合いがつくかもしれませんよ。
幸いにも、男性にも一人が好きなタイプもいます。
中にはイケメンもいますから、そういう人に出会えればラッキーですよね。

または、結婚相談所などで、仕事が忙しくて相手が見つからない人を探すと良いかもしれません。

でも、パートナー探しをせずに一人の時間を過ごしてばかりでは、そういうパートナーは現れません。

ガードが固く隙がない

ガードが固い女性は、仕事やプライベートが充実している方に多いです。
賢い女性なので、プライドも高いんですよね。

容姿端麗でも、近寄りがたいオーラを放っていたり、誘っても断られるのが当たり前。
そういう雰囲気が出ているので、なかなか男性が寄ってこないのです。

男性は、少しくらい隙がある女性の方が、守りがいがあると考えます。
パーフェクトな女性には、「この人は自分がいなくても生きていける」と思ってしまいます。
最初は好意を寄せていても、離れてしまうんですね。

そういう女性でも、やはり結婚はしたい、と考えるのですが、身についたガードの固さは簡単に緩められません。
隙のある女性を演じようとしても、どこかぎこちなくなってしまいます。

そんな女性がやることは、プライドを捨てて、自然体で人と接してみることです。
自然体であれば、相手もあなたに親しみが持てるところを見つけやすいはずです。

結婚したいのに彼氏がいない女性がやるべきこと

彼氏ができない女性がやるべきこと

結婚したいのに彼氏がいない女性は、まずは彼氏を作るための行動が必要です。
では、具体的にはどんな行動が必要なのでしょうか?

結婚したい理由を明確にする

まず最初にやることは、「結婚したい理由を明確にする」ことです。

「そんなことしてるより、少しでも相手を探した方がいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんね。
でも、結婚したい理由をはっきりさせることは、無駄な婚活をしないためにも必要なのです。

結婚したい理由は人によってさまざま。
自分の理由をはっきりさせていくことで、いつまでに結婚したいのか、どんな人と出会いたいかが見えてきます。

よく「恋愛は面倒だけど、結婚はしたい」という人がいますが、これは現実を見ていないといえるでしょう。

恋愛の相手とのかけ引きが面倒なのかもしれません。
確かに面倒なことは多いかもしれませんが、それが面倒なら、結婚はもっと面倒なのです。

恋愛の時はお互いのことだけで良いですし、イヤならいつでもやめることができます。
でも、結婚して子供ができれば、後にひくことは難しくなります。
将来設計が必要ですし、家計が苦しくてもなんとかやりくりしなければなりません。

それに、パートナーの両親との付き合いや、一族の付き合いもあるでしょう。
かなり面倒です。

でも、そこで信頼のおけるパートナーと結婚できれば、一緒に向き合ってくれるので楽になります。
それどころか、結婚しないと得られない幸せも訪れます。

そのためには、まずはお付き合いをして相手のことをよく知ることが大事です。
どんな人と出会い、いつ結婚したいのか、それを考えておくことで、目の前にチャンスがあれば、ここぞという時に頑張れる自分になれるのです。

ただ、恋愛や婚活がうまくいっていない時、過去のことに傷ついている時は、いったん休憩しましょう。
力んでも空回りするうえ、ストレスが溜まって余計ダメになります。
時には休憩も大切ですよ。

自分磨きをする

いざ、良いと思える相手に出会ったとしても、自分に魅力がなければ、相手は恋愛の対象としては見てくれませんよね。

そうならないためにも、自分磨きが必要です。
どんな自分磨きが良いのか?というのを、結婚情報サービスのオーネットが「婚活中の自分磨きに関する実態調査」というものをやっています。

調査は20~39歳の婚活中女性636名を対象に行っているのですが、アンケートに回答した9割以上が「自分磨き」をしていたそうです。
そして、やって良かった自分磨きの上位が、「スキンケア」「メイク」「ファッション」となっていました。

良かった理由は、「自信がついたから」「楽しかった」「変化を実感できた」ということが上位になっています。
これだけで結果が出るとは限りませんが、婚活を前向きに取り組むメンタルが育ったことがわかりますね。

中には、今までそういう女性らしいことに無頓着にしていて、ファッションなどは、どうしたらよいかわからない女性もいるかもしれません。
そんな方には、エアークローゼットというファッションのサブスクがおすすめです。

エアークローゼットは、テレビや雑誌などで活躍するスタイリストが、あなたの好みや悩みに合わせて洋服を選んでもらえるというもの。
つまり、定額制で洋服が借り放題なのです。

20代後半~50代の女性が利用していて、あなたが思ってもみなかった、あなたに似合うコーディネートを提案してくれます。
自分で悩まなくてもオシャレができるのは嬉しいですし、ファッションの勉強にもなりますよ。

「今日は何着よう・・・」

と悩むことが多い方は検討すると良いですね。

こういうサービスを利用しながらも、とにかく見た目を整えることはとても大事なのですが、あなたに興味を持ってもらった相手の心をつかむためには、内面の魅力も大事です。

おすすめしたいことは「コミュニケーション力の強化」です。
婚活で相手に会うことは多いけど、なかなか上手くいかない人の原因の一つとして、コミュニケーションスキルが低いことも挙げられます。

しゃべることは誰でもできますが、コミュニケーションがうまくできているかどうかは別の話です。
一方通行な話をしたり、相手が興味のない話ばかりでは、うまくできているとは言えません。
大切なのは、会話が自然に続けられていて、お互いが楽しめてるかどうかです。

そうなるためにはどうしたらよいでしょうか?

会話のネタを増やすことも大事なのですが、コミュニケーションが下手なのは、会話のネタが乏しいからだけではありません。
まずは会話のしやすい雰囲気作りを意識してみましょう。

コミュニケーションは、言葉だけで成り立っているのではありません。
人間は五感全てを使って情報を得ようとしています。
とりわけ大事なのは視覚によるものです。

例えば、笑顔で話ができる人は好印象ですよね。
また、目を見て話す人は、自分の話を真剣に聞いてくれていると感じるでしょう。

普段から笑顔が苦手な人は、日ごろから口角を上げる練習したり、目で見て話すことを意識したりするのもコミュニケーションスキルを高める自分磨きになります。

次に、聴覚から得られる情報としては、声です。

普段から相手に聞き返されることが多い方は要注意。
自分が普段話すときの声を録音したりして、自分はどんな話し方をしているのか、研究してみましょう。

ボソボソと相手が聞き取りにくい話し方をしていたり、スピードが速すぎたりなど、課題が見えてくると思います。

言葉遣いや、話し方のクセも見えて、それも合わせて改善できるのでおすすめです。

次に、会話で大事にしたいのは、相手を褒めること。
人は否定されるより褒められた方がうれしいですよね。
その方が会話が盛り上がります。

日本人は褒めるのが難しいという人が多いのですが、褒めるのは筋肉を鍛えるのと一緒です。
普段から、家族や友達に対して「あの人の褒められるところはないかな」と探してみましょう。

褒めるところを見つけるのは、相手に興味を持たなければできません。
無理やり褒めるのはわざとらしくなってしまいますが、普段の会話でも褒めるところを探すように意識していると、結構褒められるようになってきます。

マッチングアプリや結婚情報サービス、結婚相談所を利用する

彼氏や結婚相手が欲しいのなら、出会える場所にいかなければいけません。
仕事場と家の往復をしているだけでは、状況は何も変わらないのです。

合コンや街コン、友達の紹介、趣味の集まりなどいろいろありますので、誘われたら行ってみるのも良いでしょう。
でも、趣味の集まりで良い人がいれば一番良いのですが、いないような趣味の集まりに行く回数を増やしても意味がないですよね。

また、合コンや街コンも、あなたが結婚相手を探しているのに対して、意識の差が大きいことがよくあります。
その場は盛り上がっても、婚活と聞くと、ギラギラしているようで引かれることもあるかもしれません。
気軽に彼氏を作るのなら良いかもしれませんけどね。

あなたが結婚を意識しているのなら、相手も結婚を意識していて、結婚に向けて心の準備ができている人が集まるような場所に行く方が効率的です。

それが、マッチングアプリや結婚情報サービス、結婚相談所などです。
結婚情報サービスや結婚相談所などは、かなりの料金はかかりますが、それだけ本気度が高い人が集まるのでおすすめです。

そこまでの心の準備ができていないのなら、マッチングアプリが良いでしょう。
マッチングアプリにもいろいろな種類があって、集まるユーザーのタイプが違うのですが、婚活で使うなら「Omiai」がおすすめです。

結婚したいのに彼氏がいない女性の婚活方法まとめ

まずは、自分がなぜ結婚したいのに彼氏ができないのか、原因を考えてみましょう。
なぜ結婚したいのか、その理由を明確にすることも大切です。

彼氏や結婚相手は、出会える場所にいかなければ出会えません。
自分磨きをしつつ、どんどん出会いの場に出ていきましょう。

合コンや街コンなどもありますが、一人でもできる上に効率も良いものなら、マッチングアプリの「Omiai」がおすすめです。