どうせ一生彼女できない 諦める

「どうせ一生彼女出来ないから、もう諦めた!」
と言い放つ男性が時々います。

また、そう言わないまでも、そういう気持ちの男性もいます。

20代くらいの若い男性でも、早くも諦めている方がいるのです。

彼女いない歴=年齢の男性も珍しくなくなってきました。
20代~30代の男性では、3~4割の方が女性とお付き合いしたことないのだとか。

でもこの中には「作らない」人と「できない」人が混ざっているんですね。
作らない人は、自分でコントロールして作らないのですが、「できない」人は、コントロールしてそうなったわけではありません。

そして「できない」人の中にも、金銭的な理由や家庭の事情など、環境的な要因でできない人もいます。

しかし今回はそのパターンの男性ではなく、モテなかったから諦めている男性のための記事です。
諦めたけど、できるなら彼女が欲しいと思っている方は必見です。

「一生彼女できない」と諦めた男性の本音は?

彼女を作るのを諦める人は、果たして本当に覚悟して諦めているのでしょうか?
決してそうではありません。

彼女ができないと焦っている

周りの友達にはちゃんと彼女がいるのに、自分にはできない男性。
ましてや、ラブラブカップルの友達や、明らかに自分より低スペックだろと言いたくなるような男性に彼女がいたりするのを見ると、悔しくて焦ってしまいます。

早く作りたいと頑張るのですが、空回り過ぎてポイントを逃してしまい、疲れてしまいます。

彼女が出来ないと考えることに疲れた

あまりに彼女が出来ない状態が続くと、ストレスが溜まります。

これは、彼女を作るために行動したにもかかわらずうまくいかなかった人に限りません。
何も行動をしていない奥手な人でも、彼女が出来ないことを漠然と悩んで時間が過ぎているだけでも疲れてしまいます。

実は最近は、行動している人より、行動していなくて彼女が出来ない人の方が多いんですよね。

疲れて自暴自棄になっている

彼女ができなすぎて疲れると、嫌になりますよね。
人によってはそれで自暴自棄になります。

なので「もう一生彼女出来ないから諦めた!」と決意表明することで、ストレスから逃れようとするのです。

モテないことがバレたくない

彼女がなかなかできないのは、つまり「モテない」ということ。
それは男のプライドで認めたくありません。

現実と理想のギャップに挟まれる上に、友達にも

「ずっと彼女いないよね」

と、いつ言われるか心配なのです。
なので、言われてしまう前に「彼女を作らないようにしている」と宣言することで、周りからモテないから彼女いないのだと思われないようにしようとしています。

でも、もし女性から言い寄られたら、踊るように喜ぶ

いずれのパターンでも、本当は心の底から彼女が欲しいと思っています。
見栄を張ったり、すねて自暴自棄になったりしていますが、いざ目の前に女性と出会う機会があって、しかも女性から積極的にアプローチをしかけてきたら、それだけで本気で惚れてしまいます。

彼女さえできれば、自分を騙してまで「諦めた」宣言をしなくて済むので、当然ですよね。

「一生彼女できない」と諦めて本当に大丈夫?彼女を作らない生き方ってどんな感じ?

彼女を作ることを諦める生き方が悪であるとはいいません。
どんな生き方をするのも個人の自由ですからね。

その選択肢をとることで、幸せになるのなら、それはあなたにとって正解だったと言えるでしょう。
でも、諦めたと言いながらもどこかで期待していたり、彼女がいる他人を羨ましく思うのなら不正解なのです。

彼女がいないまま、一生を過ごすとしたら、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

自分の人生をコントロールしやすい

独り身のメリットとしては、やっぱり自分のために時間とお金を使えるということでしょう。
週末にフラっと出かけるも、友達と飲みに行くも自由。
趣味にも好きなだけつぎ込めます。

逆に、彼女がいたり、結婚していると、パートナーと一緒にいる時間も大事にしなければなりません。
そしてお金もかかります。

もちろん、デートの時だけではありません。
電話やメールなど、普段のやりとりもあります。

パートナーがいることを喜びにしている人には、それは当然なのですが、そういうことが苦手だったり、自分の時間がとにかく欲しい人にとっては、縛られている気持ちになります。

そういう人は、自分で何でもコントロールしやすいように、彼女はいない方がよいのかもしれません。

突然さみしくなることがある

独り身のデメリットとしては、孤独感が挙げられます。

普段、彼女はいなくてもいいやと思っている人も、時々孤独を感じることもあります。
代表的なものが、クリスマスやバレンタインデーなどのカップル向けのイベントがある時です。

また何気ない時にも、なんだか寂しい、と感じる時もあるでしょう。
例えば、ぽっかりやることがなくなった日の夕方とか。
趣味に没頭しているときは気持ちがまぎれますが、やり終えた後、充実感もありますが、なんだか寂しい気持ちもどこかで生まれるのです。

なぜなら、どんなに趣味が充実しても、人のぬくもりが足りていないから。

最近、大地震や新型コロナなどいろいろなことが起こっていますが、そういう時に結婚する人が増えるのも、お互い寄り添えるパートナーがいないと不安だからなのです。

年を重ねるほど老後が心配になる

今は友達と過ごすことが楽しいと思っている人でも、年齢を重ねると周りの友達は結婚し、子供も生まれて家族中心の生活になり、一緒に過ごす機会が少なくなります。
それに比べて、自分だけいまだに一人身。
置いていかれているように感じ、焦ってきます。

そんな時に孤独を感じるようになるんですよね。

でも、そんな孤独感はまだまだ序の口。

年齢を重ねていくと、現実的なことで不安が増していきます。
例えば病気やケガした時、誰も頼れる人がいないと不安ですよね。
さらに年齢を重ねていくと、誰が自分の介護や死を看取ってくれるのか、といった問題があります。

若いころは他人事のようであまり関心は向きませんが、40代、50代と年齢を重ねるごとに、頭をよぎるようになってきます。

「一生彼女できない」と諦めていい人は一人もいない!一度諦めた男性でもできる彼女作り方

そうはいっても

「自分はモテないんだから諦めるしかない!」

と言いたくなる人もいるでしょう。
その理由が「イケメンじゃないから」と思っていないでしょうか?

確かに、見た目がよいのはモテる要素の一つかもしれません。
でも、イケメンであることが全てではないのです。

実際、イケメンでもモテない人もいれば、美女と野獣のようなカップルも存在します。
それは、芸能人のような特別な人だけではありません。
あなたの友達の中にも、

「何でこんな奴に彼女が?」

という人がいるのではないでしょうか?
それには、イケメンかどうかだけでは片づけられない理由があるのです。

太っているから、お金がないから、というのも、彼女ができない理由にはなりません。
それでも彼女を作っている人はいるのですから。

受け身ではなく、自分から積極的に動く

彼女が欲しいのなら、彼女を作るための努力が必要です。
彼女ができない人の多くは、自分から積極的に動いていないこと。

気になる女性がいたら、あなたはどうしていますか?
どうにか、好意があることを伝えようとしていますか?
女性からアプローチしてくるのを待っているとか、都合よくお互いが惹かれ合う関係を望んでいたりしていませんか?

残念ながらそれではせっかくのチャンスを逃しています。
女性もまた、あなたのことが気になっても、あなたがアプローチしてこないので、

「私は恋愛対象として見られていないんだ」

と思って諦めてしまいます。
もしあなたと両想いだったとしたら、それはもったいないことですよね。

なので、気になる女性がいたら、積極的な行動を心掛けましょう。
モテるかモテないか気にするのは、その後です。

自分を肯定する

行動するために必要なことは、自分を肯定することです。

「どうせうまくいかない」

と、やりもしないのに、または数回うまくいかなかったくらいで、そのように思い込んで、負け癖がついていませんか?

自信がないのは、あなたの態度となって現れます。
例えば、否定的な考え方が身についてしまい、それが言葉になって、会話がネガティブになるのです。

女性の方も、そんなあなたと接してみて、つまらなくなったり、不安になったり、ぎこちない雰囲気になったりして、必要以上に近づこうとしなくなります。

これがモテない要素の一つです。
たとえイケメンでも、ネガティブだとモテません。

逆に、ポジティブな人は、イケメンでなくてもモテます。

まずはどんなことに対しても、ネガティブな考え方をしていないか、愚痴や悪口ばかり言っていないか、自分の思考を監視しましょう。
もしネガティブに考えているのに気づいたら、反対にポジティブな考え方はできないか、検討してみます。
そうすると、愚痴や悪口を言うほどでもなかったりする場合は多いはずです。

そうやって、考え方と行動を修正していくのです。

外見を整える

服装、髪型など、今までそんなに気にしたことのない方は、気にしてみましょう。
おしゃれなファッションセンスは、あればよいのですが、それよりもまずやるべきことは、清潔感を出すことです。

寝癖がそのままだったり、服がヨレヨレだったり、鼻毛が出ていたり、ひげのそり残しなどありませんか?

女性は、ふだんから化粧や髪形に気を遣っていますし、ファッションについても考えています。
なので、男性の清潔感のないところは、すぐに発見されてしまいます。

何も言わなくても、女性は見ているのです。

なので、外見を整える際は、まずは清潔感を意識してください。

そのあとに、髪をセットしてみたり、スキンケアをしてみたり、ファッションの勉強をしてみたりするとよいでしょう。

ファッションに関しては、センスを磨かないといけないので時間がかかりますし、下手をすると、自分はおしゃれをしているつもりでも、浮いた存在になってしまう場合もあるので難しいところです。

そんな心配をしている方は、モテファッション専門の通販を利用してみるとよいでしょう。
一式コーディネート買いできるので、便利です。

例えば、SPUTNICKS(スプートニクス)は、スタイリッシュに着こなすキレイめ系のメンズファッション通販サイトです。

コスパ抜群アウター

また、すべての商品が女子目線を意識したモテ服を提案しているのがメンズファッションプラス



実は、オシャレ上級者が着る服と、女子ウケする服は、似て非なるものです。
女子は奇抜なファッションを求めていないことが多く、先を行き過ぎているオシャレ上級者と価値観がズレているのです。

メンズファッションプラスは、当たりさわりのない普通な服、でも女子からは好感を持ってもらえる服をそろえています。
こちらも、上下一式「マネキン買い」ができますので、安心です。

出会いの機会を増やす

どんなにモテる要素が整っても、出会いの機会がなければ、彼女はできません。
イケメンでも、職場と家の往復しかしていなければ、出会いはないのです。

なので、出会いの機会を少しでも増やすことを考えましょう。

趣味の集まりでも、合コン、街コンでも良いのです。
友達止まりになることも多いですが、恋愛に発展しなくても仲良くなっておけば、友達を紹介してもらえるかもしれません。
知り合いは増やしておくにこしたことはないのです。

そして、出会いに効率を求めるなら、マッチングアプリです。
マッチングアプリは、アプリによって集まる年代や目的など属性が異なります。
多くの場合は無料で試せますので、まずはアプリを入れて、検索してみるのがおすすめです。

Omiaiは、その名前から婚活向けという感じですが、婚活はもちろん、恋活もサポートしています。

婚活まで考えるなら、自分の結婚観を設定できるユーブライドがおすすめ。

結婚相談所で培った、本格的なデータマッチングで婚活をするならオーネットもおすすめです。

女性の話を丁寧に聴いて、褒めるところはないか探す

気になる女性と話せるような中になっても、コミュニケーション力が低いと、これ以上の進展は見込めません。
といっても、こちらからたくさん話しかければよいというものでもありません。
無理に興味のない話をされても、女性は楽しくないのです。

特に男性は、自分の自慢話ばかりする人が多いので、一方的に自分の話ばかりされても、女性は疲れてしまいます。

コミュニケーションとは、こちらから一方的に話すことではありません。
面白い話をしようと躍起になる必要はないのです。

あなたがやることは「女性の話を聞くことに徹すること」です。
多くの女性は共感を求めますので、相手の話を聞いてあげるだけでも好感度が上がります。
そして、話を聞いていれば、相手に寄り添った会話もやりやすいです。

でも、女性が話している途中で自分の意見をいったりするような、会話泥棒はいけません。
話したいことを途中で切られたまんまなのは、男女問わず不快ですよね。

なので、会話の聞く・話すの割合としては、女性の話を聞く方の割合が、7、8割くらいと考えるとよいでしょう。
それくらい、話を聞くことに力を入れると、相手に寄り添うことができます。

「どうせ一生彼女できない」と諦めている男性の彼女の作り方 まとめ

自分はモテないから一生彼女ができない、というのは、思い込みに過ぎません。
モテないのは原因があって、大抵の場合は自分からアクションが足りないのです。

これからアクションするにあたり、まずは自分に自信をもつこと。
これがないと、良いようには進みません。

そして、外見やコミュニケーション力のアップも欠かせません。
そういった恋愛スキルを磨きながら、どんどん出会いを増やしていきましょう。

1回や2回、失敗しても、次に向かう気持ちも大切です。