自由で気楽な独身ライフ、一方で不安要素も

2010年時点の生涯未婚率は、女性が10.6%、男性が20.1%なんだそうです。
この割合、30年前と比べて男性は8倍、女性は2倍以上になっているんですね。

生涯未婚率というのは、50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合のことで、
2030年の時点では男性で30%、女性で20%になると予測されています。

つまり、今の30代の方が50歳になっても未婚となっている割合と思って良いでしょう。
男性は3人に1人、女性は5人に1人は結婚していないということです。

今20代後半~30代で、お付き合いしているお相手がおらず、将来は結婚したいと考えているのなら、婚活も視野に入れた方が良いでしょう。

一方で、今独身生活を送っている40~50代の未婚者は、自分の結婚観についてどう思っているのでしょうか?

人気の結婚相談所のパートナーエージェントが行った、40~50代未婚男性1,000名に聞いた「結婚観」に関するアンケートで、面白い結果がありました。

それによると、

「子供・老後・孤独死」などの漠然とした不安を抱きつつ、今後結婚を希望している男性の92.6%は「婚活していない」

のだそうです。

独身が良いと思う時、不安に思う時

詳しくはパートナーエージェントのサイトに載っていますが、アンケート結果の一部を紹介すると、

【独身はいいな、と思うのはどんな時ですか?】

  • 1位:生活が自由であること/389件
  • 2位:他人に気遣う必要がなく気楽であること/175件
  • 3位:お金の使い道について自分で決められる/88件
  • 4位:一人が好き/59件
  • 5位:独身がいいとは思わない/48件

【独身であることが不安になるのはどんな時ですか?】

  • 1位:ケガや病気のとき/177件
  • 2位:老後について考えさせられるとき/158件
  • 3位:将来の生活について考えたとき/80件
  • 4位:孤独死について考えさせられるとき/47件
  • 5位:子供がほしいと思うとき/28件

という結果がありました。
結果は自由回答で多かったものの上位5位の結果です。

独身が良いなあと思う理由は、色んな所でも言われている通り、予想通りな内容という感じですね^^
しかし、良いことばかりではないとも思われているようです。
1人でいることの不安というものは、年齢を重ねるほど大きくなりますし、実際上のアンケートでも色々な不安を挙げています。

そして、【独身はいいな、と思うのはどんな時ですか?】という問いなのに、5位に「独身が良いとは思わない」が入っているということは、独身であることのメリットがたくさんあるというわけではなく、不安と共存しながらなんとか折り合いをつけている感じですね。

「自分は リア充 だ」と、結婚しないつもりで独身を楽しんでいる人も、40歳を超えてから急に不安になる人は結構います。
ちょっとした病気で寝込んだ時や、老齢の両親が介護が必要になった時、両親の介護が必要になった時など、年齢を重ねると不安要素がどんどん出てくるわけです。

家庭を持つと、家族や子育ての問題で大変だったりしますが、大変なことばかりではありません。
子供の成長を見届ける充実感や、何かあった時の支えもありますし、何より一人ではありませんね^^
子供が一人暮らしで遠くに行ったとしても、やはり何かあった時は駆けつけてくれます。
しかし、独身の場合は駆けつけてくれる人はいません。

今現在、独身生活が楽しいという方もいるかもしれませんが、先々のことを考えるなら、やはり結婚は視野に入れておいた方が良いと思いますよ^^
結婚は年齢を重ねるほど不利になりますしね。

そして、結婚を考えるなら、ぜひ婚活しましょう!

婚活EQ診断
結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« Facebookアプリ「Omiai-オミアイ-」の特徴 | ホーム | 街コンで婚活はできる? »

このページの先頭へ