"相手が見つかれば結婚してもよい"という理由の落とし穴

現在未婚率が上昇し、30代になっても結婚しない人が増えているのですが、
結婚しない理由の一つに、相手が見つかれば結婚してもよいという人が多いんです。

1980年代から、いずれは結婚するつもりという回答が男女とも9割はあるのですが、その中の18~34歳で"理想的な相手が見つかれば結婚してもよい"という回答が出ていることが国立社会保障・基本出生動向調査でわかっています。

つまり、"結婚はしたいけど、相手がいない"というのが理由で結婚しない人が多いんですね。

このように考えている人は、一刻も早く婚活した方がよいでしょう。なぜなら、

男女とも、年齢が上がるほど結婚が難しいからです。
いつかいい人が現れるだろうという安易な考えでは出会いは発生しにくいんですね^^
それが通用するのは、一般的には10代~20代前半です。

40代、50代になって結婚する方もいますが、それはあくまで少数派なんですね。
30代後半の方が1年以内に結婚できる確率は3%と言われているんです。

結婚を考える場合、相手に求める年齢は人それぞれですが、
「自分より○歳上までならOK」「「自分より○歳上までならOK」、という風に、
自分の年齢を基準に考えることが多いと思います。

自分よりかなり年上、年下を選ぶという方は、いることはいますが、全体的に少ないですね。
一般的な考え方がこのようになっている中で、自分の年齢が上がっていくのは、
どんどん非常に不利な状況になっていくわけです。

それに気付かずにいつまでも理想のお相手が現れるのを待っているのは
あまり賢明ではありませんよね^^;

なので、 "相手が見つかれば結婚してもよい"と思った時が 婚活 を考えるタイミングです。

若くて有利なうちに早く 婚活 を始めましょう^^

結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« エキサイト恋愛結婚 の サービス特徴 | ホーム | 朝活で婚活! »

このページの先頭へ