結婚相談所では学歴や年収だけで判断されるわけではない


Yasuda Auditorium @ The University of Tokyo

「結婚相談所で婚活する」というと、学歴や現在の年収だけで判断されると思っている方いませんか?

それだと人をデータ化しただけで、気持ちが無視されているように思ってしまう方もいるかもしれませんし、そんな結婚をしても果たして意味があるのだろうか?と思う方もいるかもしれません。

確かに、結婚相談所に入会するには審査があって、その中には学歴や年収を書く欄もあります。

そして、年収や学歴をお相手選びの参考にされる方も多数いらっしゃいますので、
その事実を知るとそういった体裁だけで見られているような感じがしてしまうのも否定できませんね^^;

でも、そもそも結婚相談所が学歴や年収の審査をしているのは、
結婚後、二人で生活していけるかどうかというものが前提にあるからです。

必ずしも高学歴や高収入でないと入会できない、というわけではなく、
収入が生活に関わるほど少ない方だと、自信を持って紹介できないですよね^^;
なので、入会するためにはまずはある程度の年収のあることが第一段階、というわけです。
(「程度」がどの程度なのかは結婚相談所によります。)

事実、入会後、年収の高い方が有利に結婚が決まっているわけではありません。

入会する方が、学歴や年収に対してどのように思っているか、
その傾向がある程度パターン化されてます。

入会後、年収や学歴に対する見方は変化する

結婚相手を選ぶなら、年収が低い人より高い人が良いですよね^^

結婚相談所に入会して、お相手探しの段階に入ると、
少なからず年収についても考慮しながらチェックしはじめます。

ここで落とし穴ですが、「私は年収は気にしないよ?」という方は要注意です^^;

年収の条件を緩くしているつもりでも、実際は世の中の実情よりも高い年収を求めていることがほとんどです^^;

「600万くらいある人で十分です♪」なんて思っている方もいますが、
現実を知ったら、自分の理想に見直しをかけていきます。

ある程度抑えているつもりでも、それよりも年収の低い人の方が圧倒的にたくさんいます。
だからと言って、そのような方を外していると、いつの間にか高年収の人を求めている自分になってしまっていることに気づくんですね^^;

2008年の段階で、30代でも平均年収は398万円
昔のような年功序列の給料体制は見直されていますから、
今の30代は昔よりも給料は低いのです。

昔よりも能力の高い人は増えているのですが、残念ながら年収には比例しない世の中になってしまってるんです^^;

このような現実を理解した方は、自分の理想像を見直してお見合いしていくのですが、
お相手とお会いしていく中で、年収や学歴が一番大切なものではないということに気づいていきます。
相性や価値観の大切さを改めて知るようになります。
同時に、自分も選ばれる身であることにも気づいて、自分磨きに力を入れていきます。

そのように婚活していく方は、大抵は良いお相手を見つけて結婚していきます♪
そこでは学歴や年収はさほど問題にされません。


なので、学歴や年収を気にしている方も、まずは活動してみることをお勧めしますね。
体裁に関係なく、パートナーのことを思いやる気持ちをしっかり持っていれば、
必ずや良きお相手が見つかると思います。

結婚相談所は、お相手は紹介しますが、結婚をせかすわけではありません。
結婚を決めるのはあくまで自分たちなんです。
決してデータだけで結婚が決まるわけではありません。
その辺は恋愛結婚と同じですね^^

結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« パートナーエージェント 婚活EQ診断開始! | ホーム | パートナーエージェント 朝読書婚活 »

このページの先頭へ