モテるのに結婚できない人の落とし穴

モテる女性、モテる男性、ルックスに恵まれたおかげで今まで異性に不自由なく過ごしてきた。
でもなかなか本命が見つからず、結婚できない・・・

実は、そのように周りからよくアピールされてきた人は、その人数が多いほど晩婚な傾向があります。
このような傾向があることは、イギリスのエジンバラ大学での研究結果としても出ているそうです。

婚活の現場でも、お見合いパーティーとかでモテる人は実はそのような傾向があてはまります。

その気になったら結婚はいつでも出来そうな人は、実は苦労しています。
それはなぜでしょうか?

選り好みができるのに慣れてしまっている

結果から言うと、実は今までのモテる習慣から、異性を選り好みできるのに慣れてしまっているんです。
「いつでも相手が来る」という思いがどこかにあり、実際に来るわけですが、人には一長一短があります。

それなのに全てを満たす完璧な人を求めて、「もっと良い人がいるはず」と知らないうちに理想が高くなってしまうんです。

好みがどんどん変わる

モテる人は、様々なタイプと知り合う機会があります。
なので、最初は「この人がいい♪」と思っても、色々な出会いがある中で、好みが変わってしまいます。
もしくは、好みが1つに絞りきれなくなるんです。

専業主婦願望がある

モテる女性の場合、「男性におごってもらうのが当然」とも言えるほどおごってもらう機会を多く経験している人もいます。
そのように、自分で支払う機会がないと、共働きで家計を支えるという考え方がなかなか定着しません。

今の世の中は、専業主婦でいられるのはなかなか難しい時代です。
にも関わらず、今までの習慣から、経済力のある男性しか男性と思わなくなりがち。
当然ながら、婚活相手としてそのような相手が見つかるのは難しいです。

そして、見つかったとしても自分との相性まで良いかどうかはさらに難しいことでしょう。


このようなことから、年齢を重ねていくとさらに婚期を逃す確率が高くなります。
心当たりのある方は、ぜひそんな自分を改め、もう一度アプローチしてくれる人の内面を見てみましょう。

結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 信頼性のある結婚相談所を探すには? | ホーム | 恋人が欲しい方のための、一人でも参加できる合コン・街コンサービス »

このページの先頭へ