NHK「どうする未婚社会」という番組が放送されました

先日、NHKで「 独身者急増!どうする未婚社会 」という番組をやっていました。
その中で、未婚の男女と既婚の男女、そしてコメンテーターで、
婚活や晩婚化や未婚化が進む社会について討論がありました。

結局結論らしきもの?は出ませんでしたけどね^^;

18歳から34歳までの結婚調査によると、「いずれ結婚するつもり」と答えた人は、男女とも90%に上るそうです。
この結果は昔っからずっと変わっていないのですが、
現状、結婚する人は減ってきているんですね。

このままいくと、2030年の生涯未婚率は、男性で30%、女性で22%になるそうです。
将来はものすごく高齢社会が進んで、恐ろしいことになりそうですね^^;

その原因を大きくわけてみると、

●経済的な厳しさ
●価値観の多様化

ではないでしょうか?
そして、街頭アンケートも行っていたのですが、
価値観の多様化を象徴するような答えをする人がたくさんいらっしゃいますね。

趣味を大事にしたい・・・
さみしくても友達がいるから困らない・・・

というような方々もたくさんいるようですし、経済的な妥協ラインは年収600万円以上という方が49%にも達していました。
しかし、現実は200万円代の方が多いということだそうです。
本当に様々な要因が絡み合って、結婚しにくくなった時代になってきたようですね^^;

しかし、この討論を見ていて、一つだけ思ったことがあります。
あくまでも個人的な主観ですが、
「結婚するしないも自由なんだから」と、
自由を掲げて自分の意志で結婚を選ばない人と、
結婚して幸せな生活を送っている人の意見の違いは、
結婚を選ばない人は、自分のわがままを主張しているのに対し、
結婚している人は、他人を思いやる気持ちを主張しているということです。

自由を掲げて結婚を選ばない人はある意味、人として成長する道を閉ざしてしまっていると思うんですよね^^;
自分のことしか考えてないというか、自由の意味を履き違えてしまい、自分勝手になってしまっているというか・・・

結婚=不自由 ではないんですよね^^;
心の持ち方次第で自由になれるし、より柔軟になることだってあります。
それが上手くいっていないのは、なんらかの原因があるだけで、
多くの場合は心の持ち方が原因になっています。
そしてそれは、結婚生活という環境から与えられるものではなくて、
自分の責任で環境を変えていくということが前提にあります。

結婚というのは、お互いを尊重して生涯生きていくということですからね^^
相手を思いやる気持ちが育ちますし、親になれば責任も持たなければなりません。
それがうまくいかなくて離婚してしまったり、冷たい家庭を持ってしまったりする方もいますが、基本的にはお互いの尊重というのがあり、それを続けることが幸せな老後を送るための秘訣ではないでしょうか?
そんな人間になることが、結婚をするという意義だと思います。

そのような意味で、既婚者でうまくいっている人の意見は、地に足がついているなあと思いました。
結婚していない人には見えない幸せを見ているんです^^
その幸せを、結婚していない人に伝えるのは非常に難しいことですけどね(><)

確かに結婚はするもしないも、まわりがとやかく言うものではなく、個人の自由です。
だからこそ、目の前の状況や流れに任せるのではなく、
真剣に生涯プランを立てなければならないものではないでしょうか?
そして、幸せな結婚を目指して婚活を頑張っている人をとことん応援したいですね^^

結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« パートナーエージェント ワンコ好き合コン開催! | ホーム | 合コンでの 婚活 は非効率的 »

このページの先頭へ