独女が語る『 いい人に出会えない 』は本当?

独身女性が30歳を超えたら意識し始めるのが結婚。
婚活をする方が増えてくるのもこの頃ですが、今まで結婚しなかった理由を聞くと、

良い出会いがない・・・

という方が結構いるんです。

何をもって『良い出会い』なのかというのは人それぞれですし、抽象的で判断が難しいのですが、
「良い出会いがない」と言う独女のパターンを分けると2つに分けられます。

それは、

  1. 男性に会う機会自体が少ない
  2. 男性と接する機会は多いが、好みの男性がいない

ということです。

まず1の場合ですが、ケースとしては、女性しかいない職場に勤めているとか、実家で手伝いをしているとかが考えられますね。
この場合は単純に男性と接する場が少ないだけなので、自然な出会いを期待するよりも、結婚相談所をどんどん利用して積極的に出会いの場を広げていけば、結婚にたどり着けると思います。

しかし問題は2の場合です。

自分の好みとしてどのような基準を持っているのか?をまず意識して考えてみる必要があります。

高望みしている場合もあれば、高望みではないけれども細かい条件を付けている場合もあります。
そして、表面的な条件で決めたり、細かい理想像を抱いていたりなど、自分でも気付かないところで厳しい審査をしている可能性がかなり高いと言えます。
このような方は、本当は十分満足な結婚ができるはずなのに自分で結婚を遠ざけています。
このまま続けると、一生独身になる可能性大です!

自分では気づきにくいもので、やっかいなんですよね^^;

例えを2つくらい出してみましょう。

合コンに来るような男はイヤ・・・
それだけで合コンの誘いを拒否してしまう方もいらっしゃいます。
理由は、合コンに来るような人は信用できない・・・とか、
出会いが不自然・・・とか。

先ほどの1の条件に当てはまる人でも、このように思うことで
自主的に出会いが少ない状況を作っている人もいらっしゃいます。

お気持ちはわからないでもないですが、合コンに来る理由は人によりますし、
実際には話してみなければ、どのような人かわかりません。

趣味が野球の男性はNG・・・
結婚相談所などでプロフィールを見て、そのように書かれていると、
自分は野球に興味ないから・・・という理由で却下する方もいらっしゃいます。
確かに自分と趣味の合う人の方がよいというのもわかります^^;
たくさん候補がいる中から選ぶ場合はそれでも良いでしょう。

しかし、選択肢が少ない時にそれを理由にするのは非常にもったいないことです。
大切なのは人柄や人格で、お互いが理解しあうことです。
趣味は同じ趣味なのも良いですが、別々の趣味を持つことも不思議ではありませんし、
これから共通の趣味を持つことだって出来るはずです。

このように、自分の中で基準を持っているつもりはないのだけれども、
他人の言動や行動、状態を見て、この人のこんなところがNG・・・ということがよくある方は、自分でも気付かない、潜在的な所で条件を設けているんです。

どこで線を引くか?というのは非常に難しいところで、これが正解というものはありませんが、
自分が浅い部分で線を引いていないか、気づくことは大切です。

人には良いところもあれば悪いところがあるのも当然ですし、
それを知った上で、一生共に出来るか、合わないところでも譲歩できるものではないか?見極めるようにすると自分も成長しますし、より結婚は早くなるでしょう。

自分磨きって大切ですよ^^
結婚相談所に入会したら、婚活セミナーがあればぜひ行って下さいね。

↓これから婚活しようとする人にオススメ!↓
結婚相談所を徹底活用☆お見合いで運命の人と出会う最短マニュアル
結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 結婚相談所 の 無料診断テスト はバカにできない | ホーム | 結婚相手紹介サービス協会 MISAって? »

このページの先頭へ