未婚女性調査 未婚女性の65%が現在彼氏なし

「スパニチ!NEWSのウラネタ!」で、大手結婚相談所「オーネット」が調査した
「20-40代未婚女性意識調査」のデータが紹介されました。
オーネットのホームページの、2011.7.6のトピックスでも紹介されています。

オーネットは定期的に恋愛・結婚に関する意識調査を行っていて、
世の中の未婚男女の結婚への意識がどのように変化しているのか、
わかりやすい形でデータを提供してくれます。

今回も興味深い動向が明らかになっています。

20代女性8 割「結婚したい」10年来の高水準に

しかし

交際相手いない20・30代未婚女性65% 過去最高
結婚相手に求める年収 半数が400万円以上あればOK

ということだそうです。
結婚したいという方も、交際相手がいないという方も、過去最高なんですね。

結婚したいのに交際相手のいない現実

結婚したい人が多いのに、交際相手がいない人の方が多いのはなぜでしょう?
そこには色々な要因が含まれています。

まずは少子化人口減少いう社会問題です。

人口減少は今になって始まったわけではありません。
人口増加率は1970年代から低下していて、
実際に日本の総人口が減ったのは2004年からです。
そしてだんだんと減少が早いペースで進んでいます。

特に、1世帯当たりの子供の数が減っていることもあって、
若い世代の人口の方が少ないんです。

つまり、出会える人数は少なくなってきているということです。
恋愛に対して厳しい状況になってきているんですね。

更には、昔は盛んだった縁談の紹介は今ではほとんどありませんから、
「いつか結婚できる」という期待は、周りの環境を頼っていては出来ない可能性が高くなっています。

恋愛に内向きな女性はまだまだ多い

「草食男子」「肉食女子」という言葉が定着してきていますが、
今回のオーネットの調査を見てみると、交際相手がいない65%の女性の恋愛観は

  • 「恋人には追いかけるより、追いかけられたい」64.8%
  • 「男性は、女性を守る存在であってほしい」82.7%

という結果でした。
まだまだ男性にリードして欲しい女性が多いということですね。

しかし、交際相手のいる女性に同様のことを聞いてみると、
自分から積極的に動いている方の方が多かったようです。

厳しいようですが、待っていても理想の相手は来ないという現実があるようです。
なかなか厳しい世の中ですね><

相手に求める年収の年代差

ここでさらに、30代、40代の女性には厳しい現実もあります。
それは、年収についてです。

  • 婚相手に求める年収、400万円でも半数はOK
  • 20代女性の3人に1人は300万円でもOK

という調査結果になっていました。
現在のサラリーマンの平均年収は約400万円です。

以前は、年収が600万ないとダメと言う人が多かったのですが、
最近はそれでは結婚は難しいということが浸透してきたのか、現実的になってきていますね。
それでもまだ半数は400万円以上ないとダメだと思っているようです。

しかし、その下を見てみると、20代の女性の3分の1は、300万でもOKと言っているんですね!

20代の女性は年齢的にも結婚に有利ですし、年収でもハードルを下げてくれる人が増えると、そちらの方に流れていってしまいます。

年収にこだわっている30代、40代女性は圧倒的に不利になってしまいます。


この調査からも、今の時代はなんとなく待っていて結婚出来る時代ではないことも浮き彫りになっていますね><
あなたにお相手がいないのは、「たまたま」ではないのかもしれません。
必然的にそうなっている可能性があります。

恋愛も結婚も自分から動いていかないと、上手くいかない時代になってきているんですね><

もしあなたが「結婚したい」という想いが少しでもあるのなら、
ぜひ婚活を始めましょう。

結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 結婚応援サイト「プレマリ」 サービスの特徴 | ホーム | 「婚活をするのは恥ずかしい」は一生を台無しにする »

このページの先頭へ