婚活に迷いがある方必見!勝間和代の「35歳独身限界説」

TVでも有名な 勝間和代さんが、「結婚のすすめ」という連載を始めました!

これは、勝間さんがやっている
「勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画」
というWeb連載コラムの中での新テーマとして、
本日(2009年11月5日)よりスタートしたものです。

そこで勝間さんは、「35歳独身限界説」というものを打ち出しています。
(Web連載は現在終了しています。)

35歳独身限界説は、勝間さんの著書「チェンジメーカー」に詳しく載っているようです。

チェンジメーカー
チェンジメーカー
posted with amazlet at 11.01.11
勝間 和代
講談社
売り上げランキング: 80086

35歳というきちんとした境界線があるわけではありませんが、
35歳あたりになってくると、男性は結婚相手としての価値が下がり、
人間としての成長の伸びも鈍ってくるというようなことを言われています。

独身に慣れて自分の価値観が固まってしまい、
結婚相手としてだんだん女性に見向きもされなくなってくるわけですね。
(一度でも女性との共同生活を経験したバツイチの方は当てはまらないんだとか)

自分が知らずに持っている、他人とは違う価値観って意外と多いですから怖いものです^^;

チェンジメーカーで、35歳独身限界説の全てを語っているそうですので、
婚活中の方、婚活に関して迷いのある方はぜひ一読してみてください^^

勝間さんはWebコラムの中で、結婚生活を継続することは

  • ワークライフバランスを考えざるを得ないことから、生産性が向上する
  • パートナーとともに暮らすことにより、他人との学び合いの機会を得る
  • 社会の多様性(ダイバーシティ)に対する理解が深まる

の3つの成長につながると言っています。
結果的に、自分のことだけでなく、家族のことも考えて行動するようになるので、
独身の方よりも既婚の方が人間力が向上するということですよね。

でも、そうすることって、自由が制限されることだと思ってしまう方も多いと思います。

以前NHKでやっていた未婚者と既婚者が結婚について討論する番組
「 独身者急増!どうする未婚社会 」でも、そのような、
未婚者と既婚者での考え方の違いが討論となっていました。

過去記事:NHK「どうする未婚社会」という番組が放送されました

結婚をあえて選ばない、もしくは迷っている未婚者は
他人に左右されない、自由な時間を過ごせる生活を第一に考えていたのですが、既婚者は、パートナーと支えあうことの大切さと喜びを第一に考え、語っていたんです。

自分の自由な時間を過ごすことは確かに大切ですが、
パートナーや子供と触れ合うことで得られるものって、かなり大きなものなんですよ^^

もちろん、独身の方でうまく成長している方もいますが、それはごく一部のまれな存在。
多くの方が、勝間さんの言われていることに当てはまる気がします。

結婚って、かなり大切なことだと改めて感じますね^^

この本は、OL達の間で話題になっているようです。
35歳間近の独身男性の方、「限界」と言われる前に、婚活しましょう^^;

婚活EQ診断
結婚相談所 ランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 婚活でモテる男性が使っている香水とは? | ホーム | 結婚相談所の選び方は慎重に »

このページの先頭へ