2013年5月アーカイブ

モテるのに結婚できない人の落とし穴

モテる女性、モテる男性、ルックスに恵まれたおかげで今まで異性に不自由なく過ごしてきた。
でもなかなか本命が見つからず、結婚できない・・・

実は、そのように周りからよくアピールされてきた人は、その人数が多いほど晩婚な傾向があります。
このような傾向があることは、イギリスのエジンバラ大学での研究結果としても出ているそうです。

婚活の現場でも、お見合いパーティーとかでモテる人は実はそのような傾向があてはまります。

その気になったら結婚はいつでも出来そうな人は、実は苦労しています。
それはなぜでしょうか?

信頼性のある結婚相談所を探すには?

結婚相談所は、大手のものから個人で経営しているものまでたくさんあります。
その数、全国で約5000以上もあるとも言われているのですが、その信頼性はバラバラ^^;

例えば、単なる出会いだけを求めている人がよく入るところもあれば、既婚者なのに入れるところもあるのです。
それだけ審査が甘いところもあるということですね^^;

それで入ったら、プロフィールなどは自己申告!
好きなように書きたい放題です^^;

そういうところには入りたくないですよね><

しかし、きちんとまじめにお相手探しを手伝ってくれる相談所はたくさんあります。
ではどうやってそれを見分けたら良いでしょうか?
その一例を紹介します。

婚活で相手の第一印象を重視している人はうまくいかない

婚活の時に大切になってくるのがまず第一印象。
どんなに良い人でも、第一印象が悪ければ悪い印象を与えます。

なので自分の第一印象を磨くのは大切なのですが、自分が相手を判断する時は、
第一印象を重視しすぎないように気をつけましょう。

第一印象を重視しすぎると、相手の中身を知ることができません。
本当は相性バッチリなのに断ってしまうことになり、チャンスを逃してしまいかねません。

さらには相手が見つからないと、

「こんなに頑張っているのに相手が見つからない・・・」

という思いばかりが強くなり、婚活疲れでストレスを溜めてしまいます。

婚活疲労症候群にならないための婚活

ここ数年、婚活をする人は右肩上がりで増えています。
それと並んで、1,2年ほど前から「婚活外来」という専門の医院も出来ています。

婚活人口が上がるにつれて、婚活疲労症候群という、婚活によるストレス・不安などでうつ病や不安障害になる症状を訴える人が増えてきたんですね。

でも、現状お相手がいないのなら、婚活をしないと一生独身のままの可能性が高いのが現代社会です。
自然な出会いを探し続けるより相手が見つかる可能性は高いのです。

婚活の仕方にも種類がありますし、結婚相談所にも色々なタイプがあります。
自分の適性を見つけて活動することが大切ですが、もう1つ、注意しておきたいことがあります。
これをするかしないかで、婚活疲れの負担が大分減るでしょう。

婚活相手をチェック!結婚後、夫源病にならないための相手の選び方

最近、夫源病という言葉が話題になっています。

これは、夫の言動に対する不平・不満がストレスとなり妻の身体に変調が現れる症状のことで、病院で診断される「病気」ではありません。
でも症状として、頭痛・めまい・動悸・息切れ・過呼吸など、更年期に似た症状を起こすようです。

そして、夫源病になりやすいかどうかは、ある程度傾向があるようで、チェックリストがあります。

婚活中の方は、パートナー選びに参考になるかもしれません。
男女とも自分と相手を照らし合わせてみて下さい^^

新潟県糸魚川市が結婚相談所ツヴァイへの入会を全額助成

2013年5月7日、新潟県糸魚川市が、イオン系列の大手結婚相談所、ZWEI(ツヴァイ)と特別団体契約を結ぶそうです。

糸魚川市に住む人は、なんと市の支援でツヴァイに入る時の入会金を全額助成してもらうことが出来るようになります!

参考:特別団体契約で糸魚川市が入会時の費用を全額助成へ

現在、ツヴァイの入会金は、スタートアッププランで77,700円、20代限定(~27歳まで)プランは49,980円。
そこに月会費(スタートアッププラン:8,400円~、20第限定プラン:5,250円~)がかかります。
最初の一歩のハードルが高いですね^^;

でも、この契約でかなりの負担を和らげることができます^^

婚活では、今のままの自分を・・・は捨てよう

今のままの自分を受け入れてくれる人が現れるのを求めて、自分から婚活をしない人、
または、婚活はしているけど、今のままの自分を受け入れてくれる人を探している人。

このように考えている人は多いものです。
確かに、ありのままの自分を受け入れてくれる人を探すのは大切なことですね^^

でも、この考えも行き過ぎると婚活の足を引っ張ります!
そもそもなぜ、ありのままの自分を好きになってくれる人が見つからないのでしょうか?

このページの先頭へ