2012年8月アーカイブ

お盆や正月に里帰りすると、親や親戚に結婚しないのか聞かれる

お盆やお正月など、実家に里帰りして、親戚一同と集まる方も多いと思います。

独身の方で、親や親戚から結婚について色々聞かれて困っている方もいるでしょう^^
余計なお世話かもしれませんが、年頃になったあなたの将来を心配してくれているわけで、

「恋人はいるの?」
「結婚しないの?」
「子供はいないの?」

と、質問攻めにしてきます^^;

これで、「恋人はいない」とか、「結婚はまだ」と答えると、

「なんで?」

と次の質問に移るわけです^^;
これが嫌になって、実家に帰省するのが嫌になる人も多いんですね。
どうしたらよいでしょう?

仲人・結婚相談型 婚活サービスの特徴

最近の婚活サービスは色々な業態があります。
大きく分けて

と、4つに分けられます。
それらを全て「結婚相談所」や「結婚情報サービス」など、一緒くたにしているかたもいるかもしれませんが、そのやり方は業態によって全く異なります。

仲人・結婚相談型のサービスは、結婚相談所のアドバイザーが、会員の中からあなたのお相手に相応しい方を探してきて、お見合いをセッティングしてくれるサービスです。
昔からある伝統的なサービスですね^^

今では上のように新しい婚活の仕方が出てきているので、仲人・結婚相談型の婚活サービスのやり方に古さを感じたり、"お見合い"というのに抵抗感を感じたりする方もいるかもしれません^^;

しかし、仲人・結婚相談型のサービスは、核となるやり方はかわらないものの、内容は進化しています。

そして4つの業態の中でも一番成婚率が高い業態なので、本気で結婚したいのならオススメです。

婚活女子 「普通が一番」の落とし穴

時事ドットコムで、面白いニュースがありました。

参考:婚活も安定志向=「三高」より「三平」-民間調査

このニュースによると、昔は相手に望むものとして三高(高学歴、高収入、高身長)が人気だったけれども、最近は三平(平均的な年収、平凡な外見、平穏な性格)を望む人の方が圧倒的に多かったようです。

「普通が一番」

ということですね^^
無理せずに安定した人を求める人が男女とも多くなってきたようです。

しかし、そのように思って婚活をしていても、なかなか上手くいかない人がいます。
「普通」、「平均的」というからには、それを満たす人はたくさんいるはずなんですよね^^;
上手くいかないのはなぜでしょうか?

婚活サービスの業態4つのパターン

結婚相談所やネット上の結婚情報サービスって、会社がたくさんありますよね^^;
サービスの説明を見ても、何をどう判断したら良いのかわからない人もいるかもしれません。
ホームページをサッと流し見しただけでは、同じようなサービスに見えて、その違いがわかりにくいでしょう。

でも、そのサービスの業態は、大きく4つの型にわけることができます。

  • 仲人・結婚紹介型
  • データマッチング型
  • インターネット型
  • パーティー型

の4種類です。
1つずつその違いを分析して考えてみました^^

街コンで婚活はできる?

最近、「街コン」が流行っていますね^^

"街コン"というのは、商店街や複数の飲食店が一体となって、街ぐるみで大規模に行う合コンです。
参加者は男女数百人、多ければ何千人にもなることもあります。

参加者は、指定の飲食店を何件かハシゴしながら、出会いの場を楽しみます。
街は活性化できて、出会いの場まで広げるという、一石二鳥なイベントです^^

内容は基本的に

  • イベント参加料金を払えば、指定の複数の飲食店で食べ放題飲み放題
  • 最初の店舗では男女組み合わせの席になるようにスタッフが席のセッティング
  • 同性2人で参加

という特徴があります。
"同性2人で参加"というのはよくある条件の例で、1人でも参加できたり、同性3人での参加もOKの場合もあります。
企画によっては独自の別の条件がある場合もあります。

参加して盛り上がるだけでもOKですし、本当の出会いに繋げてもらえばなおOK、という感じのイベントです^^

そんな"街コン"ですが、婚活には活かせるでしょうか?

自由で気楽な独身ライフ、一方で不安要素も

2010年時点の生涯未婚率は、女性が10.6%、男性が20.1%なんだそうです。
この割合、30年前と比べて男性は8倍、女性は2倍以上になっているんですね。

生涯未婚率というのは、50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合のことで、
2030年の時点では男性で30%、女性で20%になると予測されています。

つまり、今の30代の方が50歳になっても未婚となっている割合と思って良いでしょう。
男性は3人に1人、女性は5人に1人は結婚していないということです。

今20代後半~30代で、お付き合いしているお相手がおらず、将来は結婚したいと考えているのなら、婚活も視野に入れた方が良いでしょう。

一方で、今独身生活を送っている40~50代の未婚者は、自分の結婚観についてどう思っているのでしょうか?

人気の結婚相談所のパートナーエージェントが行った、40~50代未婚男性1,000名に聞いた「結婚観」に関するアンケートで、面白い結果がありました。

それによると、

「子供・老後・孤独死」などの漠然とした不安を抱きつつ、今後結婚を希望している男性の92.6%は「婚活していない」

のだそうです。

このページの先頭へ