2011年12月アーカイブ

35歳を過ぎても結婚できない男がすべき、3つの努力

35歳独身限界説というものを以前紹介しました。

詳細はこちら⇒婚活に迷いがある方必見!勝間和代の「35歳独身限界説」

これは、35歳あたりになってくると、男性は結婚相手としての価値が下がってくる、ということでした。
独身が長くなると、いつの間にか独身でいた頃の価値観が固まってしまい、
女性から見向きされなくなってくるんです^^;
ただし、一度共同生活を送っているバツイチの方は、それに当てはまりません。

にわかに信じがたいと思う方も多いかもしれませんが、
このような、35歳の未婚独身男性が、その後5年の間に結婚できたかどうかは、
2010年の国勢調査のデータにも反映されていたんです!

2005年の国勢調査での35~39歳の未婚率は30.9%。
それに対して5年後の国勢調査では、40~44歳は27.9%となっていたんです。
つまり、2005年時点で35~39歳だった未婚の男性で、
5年以内に結婚出来た人は10人に1人しかいないんですね!
数字で見ると、結構厳しい現実だと思います^^;

これはあくまで5年間のデータにすぎませんが、35歳からの結婚はそれだけ難しいということです。
女性の場合はそれ以上ですね^^;

週刊SPAの12月19日発売号によると、高収入やイケメンといった好条件であるにもかかわらず、結婚できない人が増えているんだとか。
そしてそれを意外な欠点として実態が書かれています。

見た目や収入などの条件が良いにはこしたことはありませんし、それをどちらも満たすのは一部の人かもしれませんが、あった方が良いです。
しかしたとえ自分が好条件だと思っていても、必ずしも結婚に有利であるわけではなく、
むしろその意識が強すぎると、それが他の部分での自分の成長を邪魔をして
逆に苦労するかもしれない時代にいるということですね^^;

では、イケメンやそうでないに関わらず、35歳以上の独身男性が結婚するためにはどうすれば良いのでしょうか?
婚活コンサルタントの大橋清朗氏はこのような3つを挙げています。

婚活を最後の手段に、と考えると婚期を逃す

結婚は、自然な出会いから付き合い始め、良い関係になったらしたいものですよね^^
なので、

「婚活は最後の手段!」

と考えている人は多いものです。

今お付き合いしているお相手がいなくても、
いずれ出会って、いずれ結婚する可能性がないわけではないので、

「結婚はそのうちできるだろう・・・」

と漠然と考え、目の前の生活の充実を優先しがちです。
でも今、実際にそのようにしていった結果、30代後半~40代になって、
焦って婚活をし始める人が実に多いんです^^;

でもその時になって婚活を始めても、お相手を見つけるのが結構難しくなっているんですね。
男性もそうですが、特に女性は一般的にモテ期が過ぎていく一方ですので、
年齢を1年重ねるごとに婚期が遠ざかります。

どんなにキレイな女優さんであっても、年齢を重ねていくと、
キレイなままではあるので、女性からは話題になりますが、男性から見た場合、
「理想の恋人像」とか、「理想の結婚相手」という話題に上がってくることは少なくなってきます。
若手に移っていきますからね。

私達一般人は、もっと過酷です><
そういう現実も考えて、ある程度若いうちから、
お付き合いしているお相手もいないのでしたら、婚活を考えた方が良いかもしれません。
では、何歳くらいから婚活した方が良いのでしょうか?

このページの先頭へ